水の中から空を見る

ONE PIECEメインでWJ感想など。時々絵も描く。予告無くカエル画像なんか上げますのでご注意を。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今までの記事を読んでいる方なら「また乗り間違いするんじゃないか」と期待なさったんじゃないかと思います。
ふふふ、今度は大丈夫でしたよ。たいがい慣れてきましたからね。

シャトルバスでショッピングモールに到着したら、バス停近くに実物大の牛のオブジェがあって「なんだこりゃあ?」って当然見に行くでしょ?
近くで撮影してたら何か牛の上で動くのよ。
鳥がいたww
「えっ?なに?写真撮るの?俺ここにいていい?」みたいなぼんやりした子で、全然逃げないの。
小柄な鳩くらいの大きさでした。

買い物と言っても、所謂ハイブランドには興味もないし、買えないしね(笑)
グッチだのプラダだの並んでいても「ふーん」と素通りして、雑貨とか書店とかおもちゃ屋さんを力入れて見てきました。
結構日本のキャラグッズもありましたよ。サンリオとかポケモンとか。
南国だから服はリゾートっぽいのが多いのだけど、何故かもこもこニットとかファー付きジャケットとか、こんなもんグアムで着たら熱中症で倒れるだろうってアイテムも売ってました。

お土産は何を買ったんだっけ?
定番チョコレート、パンケーキの粉、Tシャツ、アロハシャツ、バッグ、ピアス数点。
ああそうだ、タバスコ入りチョコも!
これ後から辛みがじわーっときて面白いんだよ。

この日はずっと歩きまわっていたのに、二人ともお腹が空かなくてお昼抜いちゃったんだ。
せっかくだから地元の料理とか食べればいいのにねー。
でも入らないものはどうしようもない。
夕方ホテルに戻る前に、お土産から日用品まで売ってるコンビニみたいなお店で晩御飯調達。
娘がラーメン食べたいというので、日本のカップ麺買ってみました。
売ってるんですねー。ちょっと高いけどね。
私はターキーのサンドイッチだったかな。
そうそう、ホテルのティー・ルームでコーヒー飲んだ時に、隣にパソコンが3台置いてあったのだけど、のぞいてみたらXPだったよ。
いいのかXPで?(笑)
この日、テレビでは日本人の人質のニュースを繰り返し放送していました。

続いてスットコグアム旅行記5日目

最終日は帰るだけだから、さらっと。
7時半くらいに起きて、前日買っておいた朝食食べてチェック・アウト。
そもそもこの旅行は、懸賞で当たったものであります。
心ゆくまで楽しんで、お支払いゼロでありました。
ありがたい。本当にありがたいことです。

帰国の飛行機は、来た時よりだいぶ小さかったな。
「ベイマックス」のDVD流してくれたんで、しっかり観てきました。
成田空港で荷物が流れてくるの待ってるときに、わんこがいてね。
いけないもの入ってないか調べるお仕事の子なんでしょうが、リードを持った男性と楽しそうに遊んでいるみたいに走り回ってました。

さて今度こそは成田エクスプレスに乗って東京駅に着きました。
新幹線乗り場を確認してから、キャリーをロッカーに預けて最後のお買いもの。
娘は、キャラストリートでショップ巡りしてる時が一番テンション高かったかも知れません(笑)
新幹線で駅弁食べて、その後爆睡。
目が覚めたらまもなく豪雪の青森でした。

石魚母娘の旅行記はこれでおしまいです。
失敗も含めて私はとても面白かったし、少しだけ旅スキルが上がった気がして、もうどこでも行けるような気がしないでもない(笑)
何より、最初はあんまり乗り気じゃなかった娘が、帰ってから「楽しかった」と言ってくれたので、もう充分です。
最後まで読んでくださってありがとうございました!
スポンサーサイト
2015.03.08 21:46 | 旅行 | トラックバック(-) | コメント(0) |
夕方のバーベキュー&ダンスショーまでは少し時間があるので、ビーチに行ってみることにしました。
ホテルのプールを通り過ぎればもう海。
サンゴの欠片でできた白い砂浜に、デッキチェアやパラソルがならんでいました。
ああ、そうそう、海に出るまでの庭にハンモックが吊るしてあったんですよ。
娘が乗ってみようとしたのはいいけど、思ったより沈み込んで身動きとれなくなっちゃって。
「たーすーけーてー!」って、なんか罠にかかった動物みたいになって爆笑したわ。

2-1beach.png




泳ぐつもりはなかったのでちょいとパンツの裾たくし上げて、水に入ってみました。
ぬるい!水がぬるい!
でも打ち寄せられた海草が、なんとなしに故郷の浜を連想させて複雑。
結局パンツの裾びしょびしょにして遊びました。
もう少し体力あったら、服のままでも泳いでたかもねー。

バーベキュー&ショーは、ホテルのすぐ近くの会場にお迎えバスで行きました。
二人席に案内されて食材もすぐ運ばれてきたんだけど、コンロに火を入れる人がなかなか回ってこなくて、近くのスタッフに頼みに行きました。
片言英語で「火、付けて、お願い」みたいな(笑)
大きな会場にいっぱいのお客さんで、スタッフのみなさん大変そう。
バーベキューはビーフ、チキン、大きなエビとホイル包みの魚、トウモロコシとパプリカだったかな。
それぞれ下味がついていて美味しかった!

2-1dinner.png




私はグアムのビール、娘はパイナップルのジュースを飲みつつお腹いっぱいになったあたりで、客席にショーダンサーがご挨拶に来てたの。
最初、ふんどし姿のイケメンがわらわらと登場したんで、私と娘は「柱の男か?!」と色めきたちましたが(笑)
あちこちで記念撮影や握手に応じたりしてて、その後本格的なショーに突入です。

2-1show.png




ショーはね、本当に感動しました。
グアムの歴史を語るしっとりしたダンスは美しかったし、腰に別の駆動機関が付いてるとしか思えない女性ダンサーはキレッキレかと思うとものすごいセクシーだったり。
男性たちの力強くワイルドなダンスも本当に格好良かった。
正直お腹いっぱいになったら、ショーは飽きるかもと思っていたんですが、全然そんなことなかったですよ。
後半お客さんをステージに上げてダンスバトルするころには、会場一体の大盛り上がりでした。
最後はお客さんをたくさんステージに呼び込んで、大勢で踊りまくりですヨ。
毎日同じようにショーをこなしてるのでしょうが、この日私はとても楽しませてもらいました。
娘も最初あまり期待していない感じだったのですが、始まったらとても興奮してました。
そうそう、ダンサーのなかにまだ11歳の女の子がいて、当然つるぺた体型ではありますがダンスは堂に入ったものでした。超可愛いの!

帰りのバスに乗り込む時、ダンスバトルでNO.1になった男性が一緒だったので「おー、NO.
1ダンサー!」と拍手が起きました。

オプションを入れたのはこの日まで。
次の日は終日フリープランなので、ウインドウショッピングメインでお土産買う予定。
2015.02.24 21:56 | 旅行 | トラックバック(-) | コメント(0) |
スットコグアム旅行記3日目
午前中は半日島内観光。
迎えのバスが来るので早起きして、ホテルの朝食ビュッフェを頂きました。
我々のようにたくさん食べられないタイプには有難いですねー。
果物が豊富で美味しそうだったのでいつもよりは食べたわ。
でも、カレーも並んでたんだよ…食べてた人いたよ…

大きめのバスが迎えに来て、順にホテルを巡って参加者をピックアップ。
ユミコさんという結構いいお年のガイドさんが案内してくれます。
最初に行ったのが「アプガン砦」
ハガニア湾を見下ろす高台にある、スペイン統治時代の砦あとです。
大砲のレプリカが3基置いてありました。
眼下に街並みが広がっているんですが、教会の鐘が聞こえたかと思ったらパトカーのサイレンも鳴り響いたり、当たり前ですが観光とは別に生活があるんだなーと思ったなあ。

1-31toride.png








次は「ラッテストーン公園」

1-31stone.png




高床式住居の土台だったとも宗教的な意味合いを持つとも言われてるそうですが、よくわからんそうです。
ここには旧日本軍の防空壕もありまして、コンクリ打ちの暗い通路を通るのに、ユミコさんがケータイを灯り替わりにしようとして「あら?どうするんだっけ?」って。
やり方をお客さんに教わって、出てきてから「さっきの人、どこかしら?どうやって消すの?」って、なんか可愛いんだユミコさん。
そうそう、ここの土手にねー、小さいトカゲがいっぱいいたの!
娘と夢中になって撮影しまくりました。尻尾が鮮やかなブルーでとてもキュート!

1-31tokage.png


道路を渡って「スペイン広場」へ。
スペインの総督邸があった場所で、白壁の建物がいくつか残ってます。
近くにグアムで最も格式の高い教会「ハガニア大聖堂バシリカ」がありまして、ステンドグラスが美しいそうなんです。
ユミコさんが「見学したい方は1ドルかかりますが一緒にいきましょう」と先に立って行ったのだけど、あわてて戻ってきて「ごめんなさい、今日お葬式が入っててダメですって!」
ああ、なるほど前庭で黒いドレスの人たちが記念撮影してると思ったらそゆことでしたか。
外観からもステンドグラスは見えるのだけど、内側からも見てみたかったな。



1-31kyoukai.png


「恋人岬」に向かう道すがら、ユミコさんが話したのは、グアムの住宅価格が結構高いということ。
材料は輸入するしかないからどうしても割高になるそうです。
それからヒルトンホテルの背後に、4つの大きなビルが建っていたのだけど、これが申請より大幅に階数多く建ててしまって訴訟になったんですって。
工事が中止になって5年になるそうで、もう鉄骨が錆びてきてるから取り壊しになるでしょうと。
美しい海岸沿いの一等地に、灰色のうすらでかい廃墟ビルは異様な感じでした。
韓国の企業ですね、とユミコさんが言ってました。

さて次は「恋人岬」
道ならぬ恋のために海に身投げした男女の伝説がある場所ですが、観光客が付けたおびただしい数の鍵がまず目につく。
ほら、絵馬とかおみくじとか結ぶあんな感じで、もっとドピンクなハート型の鍵がわっさーとあるの。
観光地なんだからしかたないけど、風景見る限り、この崖から髪を結んで身を投げたかと感傷に浸る感じじゃなかったな。
そうそう、ここで美味しいジュースの屋台が出てるからぜひってユミコさんのお勧め。
「隣の韓国のおばさんのじゃなく現地の人のにしてね」って(笑)

グアムは日差し強くて、暑いけど長袖で防御しないと私のような年寄りはお肌のダメージ怖いのよ。
当然汗かくし喉も渇きます。
屋台のジュース飲んでみようかなと思って、ユミコさんに「何て頼んだらいい?」って聞いてみました。
「マンゴー、ココナツ、タピオカ!」
まんま繰り返して娘と半分こしたんだけど、すっごい美味しかった!
ユミコさんも「美味しいでしょう?」って嬉しそうだったよ。

最後はショッピングモールで解散。
例のバスでホテルまで戻ったんだけど、長くなったから午後の部はまた次ね。
2015.02.15 22:29 | 旅行 | トラックバック(-) | コメント(0) |
えーと、夜のお出掛でバス間違えたとこでしたね。
事前にガイドブックで地図見てたんで、こりゃ違うなとすぐ気付いたんです。
乗りたかったのは北回りで、それは南回り。
そのバスの行先は、遠くなるけど別のショッピングモールなのね。
だからそこでもいいかーと思ってたんだけど、なかなか着かないんだこれが。
だんだんお店が少なくなって寂しくなってくる…さらに乗客がみんな降りてしまった。
このまま行っても閉店時間まぎわになるんじゃないか?と不安にもなりまして、次のホテル前でバスを降りて、引き返そうということになりました。
10分も待たずにニッコー方面行のバスが来て、最初乗客は私たちだけだったの。
ドライバーはいかにも地元の人って感じの体格のいいおじさん(もしかしたらお兄さん)で、運転しながらずーっと無線で女性と話してる。めっちゃ盛り上がってる。
もしかして口説いてるんじゃないかってくらい(笑)
やがて賑やかな通りに戻ってきて、お客さんも増えてきたあたりで無線トークは終って運転に専念してくれてました。
乗り降りするお客さんに「ハーイ!」「サンキュー!」って陽気に声かけてました。

でね、途中のバス停で停車してるときに、白人男性4~5人が通りすがりに車体を一発ばん!て叩いていったのですよ。
短髪でマッチョな感じだったから、軍関係の人たちかなあ。
そしたら、ドライバーさんすばやく降りて行って「ヘイ!」って。
私の英語力だとはっきりはわかんないんだけど「なにか問題あるのか?」みたいな声かけて。
その後もなにか大きな声で言って、運転席に戻ってきたんだけど、
振り返って「ごめんね、びっくりさせて。でも、自分はボスからこのバスとお客さんを預かってるんだ」(多分)
「自分はロコだ。ハッピーが好きな地元の人間だ。ああいうアメリカンは好きじゃない」(多分)
「でもごめんね」(多分)
そんな感じで一生懸命話すのよ。
やだフィルさん(名前が表示されてた)カッコイイとか思っちゃいました。
やがてホテルに到着。フィルさんにお別れして帰ってきました。
結局、夜のホテルロード往復バスツアーしただけなんだけど、これはこれで面白かったな。

1-31bus.png

昼間撮ったのだけど、こんなバス。
前半分がエアコン付きで、後ろはオープンエアー。
はい、お気付きでしょうが、しっかり日本語が書いてありますね。
これで何故間違えるかとツッコミの声が聞こえるようです。
言い訳させていただけるなら、北回りも南回りも車体に書いてある行先は同じなのです。
私はそれを見て乗っちゃったの。
でもフロントガラスに別のカードが立てかけてあって、それが正しい行先だったのでした。

ホテル内のコンビニでおやつ買って(私はビールも)部屋に戻りました。
部屋はもちろんレストランや、バス路線内もWiFiが使えるのだけど、ちょっと不安定で出入りするたび認証をしなければならないのが手間でした。
それでもラインが使えたので、相方に報告して早めに寝ました。
3日目は島内観光とディナーショーだよ!
2015.02.12 15:56 | 旅行 | トラックバック(-) | コメント(0) |
ユナイテッド航空の機内食、美味しかった…
3時間とすこしで窓の外にグアム島が見えました。

1-30guam.png


機内でも暑くなってきてたんですが、入国審査してる間は建物の中だし大きな扇風機も回ってたしさほど暑さは感じませんでした。
が、お迎えのドライバーさんと一緒に外に出たとたん
「あっつ!!」「湿っぽい!」「うひゃあ!」とうるさい観光客。
そしたら長身の現地の人らしきドライバーさん「Sorry、グアムアツイネー」って。
ごめんね、文句言ってるんじゃないの。
氷点下3度のとこから来たから感動してるんですって言いたいけど英語で言えない!(笑)
ホテルまでの道すがらも、ドライバーさん「ナリタ、メニーメニー雪?」とか日本語交えつつお話してました。
分かるところだけ返事して、あとはうんうんうなずいてたネ!
多分ドライバーさんと私たち外語レベルいっしょネ!

さて泊まったホテルはニッコー・グアム。
ホテルロードと言われる繁華街の北の端にあるのです。
5時過ぎに到着して、夕食をとってもまだ時間あるじゃない?
このまま寝ちゃうのもったいないよね。
グアムは観光客向けに各ホテルやショッピングモールを巡るシャトルバスが運行されてまして、乗り放題のバスカードももらってたの。
で、バスで10分くらいのショッピングモールに行ってみようということに。
そしたらね、逆方向のに乗っちゃった!わはは!
次回、またも乗り物間違えた石魚母娘の運命やいかに!
いや、無事だったんだけども!(笑)
2015.02.08 22:21 | 旅行 | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。