水の中から空を見る

ONE PIECEメインでWJ感想など。時々絵も描く。予告無くカエル画像なんか上げますのでご注意を。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
仕事の帰り、時間が合えば娘を迎えに行って一緒に帰る。
たいてい娘が出てくるのを車の中で待つのだが、いつも同じ場所にタクシーが2・3台止まっていて、運転手さんたちがぼんやりしてたり車外で話していたりする。
通りから少し入った建物の陰。有り体に言えば「さぼっている」のだろうが、このおじさんたち、ちょっと可愛いのだ。
というのは、この辺に住み着いていると思われる野良猫親子に餌をやっているのだわ。
いい感じのおっさんたちが、わざわざタクシーのトランクからなにか持ってきては、しゃがんで猫にやっている。
猫たちはすっかり心を許しているらしく、リラックスして食べたり遊んだりしている。
それを数メートル離れた車内でながめる私。

うらやますい(笑)

もちろん私の血を濃く引いている娘もじたばたしつつ「ねこねこ!いいな~いいな~」とうるさいわけだが、さすがにおっさんたちの中に突入するには気が引けるようだ。
そういうわけで、タクシーがいなくて猫がいるときを狙っている。
私の通勤鞄のなかには100均で買った猫のおやつが出番を待ってるのだふっふっふ。

もひとつイキモノ語り。
うちのベタ、ネロがいつものように私に向かって「食事はまだか。早う持て。待ちきれぬぞ。これ世話係!」と主張していたとき。
要するにメシくれって騒いでたときに、なんの拍子か長い胸びれの片方が口に入っちゃった。
吐き出せない。食ってる。苦しんでる。

うわあああ、なにやってんのお前――!吐け!ぺってしなさい!
ネロったらあああ、ちょっと待て!

おおむねこんなことをわめきながら、スポイトの先端をひっかけて何とか口から抜いた。
細く長く、先端が白い可愛い胸びれが…

もろもろになってる(涙)
食っちゃったのねそうね。
でもきっといくらか再生するし、そうでなくても喉が詰まらなくてよかった。
そしてやっぱりネロは王子じゃなくてアホの子だと思った…。
2007.09.14 16:42 | カエルと虫と魚 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。