水の中から空を見る

ONE PIECEメインでWJ感想など。時々絵も描く。予告無くカエル画像なんか上げますのでご注意を。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
お中元にエビスを頂きました。
すっかり安上がりなお口になっているので、結構重く感じます。
でも飲むけどね。むしろがぶ飲みだけどね。

■ ONE PIECE■
ワンダバダの歌声は、私の印象だと(当時の)ハイテク兵器の出撃、そこはかとなく勇ましさと悲壮感がないまぜになった感じなのです。
んが、カポネの兵隊さんは馬に乗ってやってきて大砲を撃ってくるのね。
超ローテク。でもってなんか陽気。
あの兵隊さん達って、もとはなんなんだろ?普通の人間?
頭目の体の中だけに生きていて、嫌気が差さないのかしら。
組合とか作って、賃上げ要求とかしてたら面白いのに。

ホーキンスもやってることがよくわからん。
占いとか呪いの(?)わら人形とか使っているのに、導き出すのは数値なんだな。
ウルージは、そうだな、背中に羽根があるからってみんなが可愛らしいわけじゃないと空島で学習したけど、さらに上を行く破壊力だわ。

それから懺悔を一つ。
最後のコマで一瞬「まあ、ごっついロビンだわ」と思いました。
ごめんなさいごめんなさい。

■一行感想■
自来也さまのあのブサ顔はカエルモードだったのかー!

ブリ。濃ゆい顔のおねえがキモしろいです。

SのようでドMのおねえいちゃんは魔人様に寝返ったらいいよ。

あー、今年もぐだぐだの寝間着みたいな浴衣の季節なんですねえ。(すでに風物詩)

2008.07.30 22:27 | WJ感想 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。