水の中から空を見る

ONE PIECEメインでWJ感想など。時々絵も描く。予告無くカエル画像なんか上げますのでご注意を。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今ウチにはちびカエル一匹と後ろ足の生えたおたま一匹と、先輩カエル二匹がいます。
ちょっと前に上陸したたま吉を水場に返したように、ちびも放すつもりでいたのですが、いざそのときになったら娘と相方二人して「えー、かえすのー?」

かえすのー?て。
餌の確保大変なんだけど。
もう寒くなってきたからアブラムシいなくなるんだけど。
世話するのワタシなんだけど。

まあ、季節はずれの生まれだし、急に冷え込んだから今から野生で育つのは難しいだろうなーとか、言い訳はいろいろ述べられますが、可愛いので手元に置きます。←ダメなひと。
当然今おたまのタマの助(仮)も面倒見ます。

何故に家飼いを続ける気になったかと言いますと、ちびが生き餌(アブラムシ)だけでなく、竹串にくっつけた乾燥赤虫を食べたからなんですね。
成体であるケロリとつばめはピンセットでつまんだコオロギなども食べますが、ベビーがはたして生き餌以外に反応するのか自信がなかった。
なので(他の理由もありましたが)たま吉は生まれた場所に放したのです。
しかしもう返せないちびはなんとしても育てなきゃならんわけで、生き餌以外も食ってくれと祈るような気持ちで差し出した竹串(乾燥赤虫付き)。

すばらしい食いつきでした。
口のサイズと同じくらいの径の竹串を丸飲みせんばかりで、こっちが慌てました。
竹串に食いついてぶら下がるちび。
待て待て待て!と騒ぐワタシ。
ちびがケロリたちに一飲みにされないような大きさになるまで、毎日これが続きます(笑)

そんなわけで仮住まいじゃなく、本格的なちびの家を作るため植物とか水場とかを設置しました。
乾燥してくるとちゃんと水場に浸かっていたり、観葉植物の葉にちょこんと乗っても、ぱっと見はどこにいるのか分からなかったり、喉を小刻みに動かしていたり、誰も教えていないのにカエルはカエルなんですね。
半年位したら、ちびが雄か雌かわかるかな。
雌ならいいな、とちょっと思っています。
だって夜中に三匹でコーラスされたらうるさくて寝られないよ?

2008.09.29 21:14 | カエルと虫と魚 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。