水の中から空を見る

ONE PIECEメインでWJ感想など。時々絵も描く。予告無くカエル画像なんか上げますのでご注意を。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
一番古株のアマガエル、ケロリの姿が見えないと気付いたのが、今朝、出かける20分前だった。
水槽が汚れているな、20分あれば掃除できるなと思ってやつらをプラケースに移動させたときだ。
いない。
昨夜は遅く帰って、水槽をのぞきはしたが全員を確認したわけではなかった。
ふたはちゃんとしまってる。
昨日の朝は確かにいた。
いつからだ、と嫌な汗がどっと出た。

カエルとベタの水槽が乗っているラックの下は本棚だから、慎重に少しずつ本を出して探した。
ここでもない、こっちにもいない。
最後の最後に、ラックのキャスターの足元にケロリを見つけた。
もう、生きていなかった。

こんなかたちで、ヤツと別れるとは思ってもみなかった。
老衰でよぼよぼになったケロリを介護するのだと思っていた。
うちに来て丸4年。カエルにもヒトにも短い年月じゃないだろう。
なのに私は何をやっているのか。

悪いのは私なのに、ケロリをすくい上げて馬鹿と叫んだ。

置いておけないから、急いで埋めなきゃいけないから、花壇の片隅に墓を作って、そこらの花をむしって振りかけて、馬鹿馬鹿言いながら娘と泣いた。
2009.06.10 22:22 | カエルと虫と魚 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。