水の中から空を見る

ONE PIECEメインでWJ感想など。時々絵も描く。予告無くカエル画像なんか上げますのでご注意を。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
え?もしかして次のジャンプ土曜発売?
やだわー、一週間たつのが早いわー。
今週はワンピのみでいきます。
■ONE PIECE■。
獄中で弟のことを頼んだエースの気持ちを思うとまた泣けるわ。
だってジンベエの言うことはもっともだもの。頼まれたからって、半端な奴に力を貸すもんですかい。
そんなこた十分わかっていてなお、口にせずにいられなかったんだなあ。
恥も外聞も捨てて、エースはルフィを思っていたんだなあ。

ジンベエにしても、突っぱねたはずの約束なのに、命に代えてもと思うに至ったのはなんでか。
エースの遺志だから?白ひげが「守れ」と言ったから?
それだけじゃないと思うんだわー。
ジンベエ自身が、この闘いのなかでルフィを測った。
彼自身がルフィを命に代えても守ることを選んだ。
知らず知らずに人を引き付ける資質を、ルフィが持っているとちらと出てきてましたね。
それはどんなに驚異的な能力を持とうとも、人格で仲間を集めたとは言えない黒ひげとは対極の性質じゃないかと思う。

同時にわれらの船長は、この闘いでまだまだ力不足と思い知らされた気がする。
大将たちには苦戦していたし、何よりマルコやジンベエやイワさん、ハンコックとそれから白ひげと大勢の息子たちに守られてここまで来たんだもんね。
白眼をむいたルフィを抱えて、「生きろ」と叫ぶひとたちの方が、もうすでに命を投げ出しているようで、あんたたちこそ生きてくれと強く思う。
2010.03.18 22:38 | WJ感想 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。