水の中から空を見る

ONE PIECEメインでWJ感想など。時々絵も描く。予告無くカエル画像なんか上げますのでご注意を。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
順番がばらっばらになったIEのお気に入りを、ちまちま並べ替えています。
この機会にいらないのは削除していますが、たんすの中の古い服のように「いつか使うかも」ポジションのがけっこうあります。
たぶん使わない。でも思い出なの。
■ONE PIECE■
ドラゴンは「革命家」と呼ばれてますが、私ぼんやりと「革命」っていったい何をしたいんだろう?と思っていたんですね。
具体的に何を敵として、何を変えようとしているのか深く考えたことがなかったてのが正直なところ。
でも鈍い私にもうすうすわかってきました。
ロビンの過去編もそうだったけれど、大量虐殺が政府の手で行われている。
階級とか貧富格差とか、綺麗ごとじゃ片付かないことはありましょうが、ゴミみたいに人を処分するとは考えただけで胸が悪くなる。
首相の退陣演説を聞きながら、一国を変えることの困難とか、まして世界に革命を起こす道のりの遠さとか、考えてました。
現実と漫画をごっちゃにするなとしかられそうですが、いいんだよ、大事なことはみんな漫画が教えてくれたんだよ。

それから、エースとルフィは知らずに「火事」の片棒を担いでしまったけど、生き延びることはわかっててもショックは大きいだろうなあ。
人々を焼いた火の力を手にいれたとき、エースはどう感じたんだろう。
全部背負って、笑っていたんだと思うと、思い出し泣きしそう。

■一行感想■
スケットは途中で名前と人間関係を把握するのを放棄しました。ややこしいわ!

ギンったら、本当にひとの一番いやなところをえぐるセリフ言うの上手だねー。
2010.06.03 20:32 | WJ感想 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。