水の中から空を見る

ONE PIECEメインでWJ感想など。時々絵も描く。予告無くカエル画像なんか上げますのでご注意を。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
えーと、石魚んちのビミョーなイキモノたちの近況など。
まずアマガエル。
大きな変化はなし。夜中によくゲコゲコ鳴いています。
去年よりエサを控え目にしているので、つーさんはスレンダーになってきたかな。
でもウメちゃんは相変わらず丸いです。
つーさんは野生の時期があったからなのか、生餌にしか反応しないし臆病だけれど、オタマから育てたウメは私の差し出すものはみんなごはんだと思っているふしがある。
なので自力でエサに飛びつくつーさんの方が、あたりが悪いんです。
どんくさくてエサに逃げられてるだけともいう。

次ヒキガエル。
ゴンちゃんはこの夏、暑さのせいか食欲が落ちて引きこもりぎみでした。
保冷剤を置いたり、新鮮なエサを捕獲してみたりしたのですが、少し痩せたように見えました。
涼しくなって、隠れ家から出てくるようになったので、体重測定してみたら増えてました(笑)
体長がより大きくなったんでしょうね。

さてメダカのみなさん。
子メダカたちは今、2㎝~7㎜くらいで、10匹前後。
これがもともと親がいた濾過機付き水槽でくらしているんですが、いかんせんこいつら小さいもんで、時々濾過機に吸い込まれて、フィルタの中で水流にもまれていたりします。
それを救出するのがまた手間なので、明日吸い込みパイプにネットかぶせようと思ってます。
親メダカは数も減ったし、子がいた金魚鉢に移しました。
今4匹ですが、濾過機なしでも元気にしています。

さらに微妙さが増すコオロギ。
これはカエルのエサです。
今までいちいちショップに買いに行ってたのを、繁殖に挑戦してみたわけです。
成功と言っていいと思う。すんげえいっぱいいます。
今、小さいプラケース5つに、大きさ別に分けているので結構世話が大変です。
親たちの鳴き声が弱々しくなってきたから、次の産卵要員を育てていかなきゃねー。

最後にブラインシュリンプ。
体長1㎝くらいになって成熟したんでしょうね。
なんか二匹くっついてくるくる回ってると思ったら、どうも卵をお腹にかかえてるっぽい。
これから寒くなるし、次世代が育つかどうかはわかりません。
親だって手探りで育ててるので、あんまり増えないでねと言い聞かせる毎日。

拍手お返事
ねー、甲子園の優勝旗だって海を渡ったことがあるのに!
むしろそちらの方が集客力ありそうじゃないですか?
ともあれ今回は海のこちら側で楽しんできます。
レポートも上げたいと思っていますが、現場で舞い上がって撮影どころか記憶をなくさないようにしなくては(笑)
2010.09.19 19:58 | カエルと虫と魚 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。