水の中から空を見る

ONE PIECEメインでWJ感想など。時々絵も描く。予告無くカエル画像なんか上げますのでご注意を。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
園長の石魚ですこんばんは。
ついこの間始まったばかりの当保育園ですが、まもなく園児全員が卒園しそうです。
園児はそれぞれ発育に差がありまして、早い子は一週間前に卒園しましたが、遅い子は今やっと前足が出たところです。
2日おきくらいに卒園式(捕まえてきたところに返す)をやっています。
そうそう、今回の園児は全員ヤマアカガエルでした。
オタマの時点では全然見分けられないですよ。

今回の保育で発見したことがあります。
「カエルにもよちよち歩き期がある」

カエルは前足が出て、しっぽが短くなっていく過程で、えら呼吸から肺呼吸へと体が劇的な変化をします。
この時、いつまで水に浸かってていいのかよくわからない園長は、なんとなく姿勢がカエルっぽくなった時点で水なしのケースに異動させてます。
そこに入るとうちでは「ぴょんぴょん組」と呼ばれます。
なにしろ人が近づくと跳ねまくるんだこれが。
その様子を見ていると、どうも勢い余って壁に激突とか、よじ登ろうとしてひっくりかえるとか、起き上がれなくてじたばたとか、大変微笑ましい。
いや、狭いケースに入れといて驚かすなって話ですが、見ないわけにいかないし。
こうして人影に驚くてことは、この時点では本能的に逃げることを知ってるわけですね。
うちの子になったりすると、数カ月でさわっても首をすくめる程度の度胸がつきます。
野生をなくすとも言います。

ヤマアカくんはオレンジ色のきれいな子たちでした。
裏山で元気に暮らしてくれるといいな。
2011.06.06 21:45 | カエルと虫と魚 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。